0

【開催レポート】豊田の秋バラでオリジナル壁掛け作り♪

2017年11月17日(金)
◎プログラム:豊田の秋バラでオリジナル壁掛け作り♪
◎案内人:プリザFairy kei 上野恵子さん


豊田市西山町にある西山公園。県下でも有数の規模を誇るバラ園があり、シーズンには多くの人で賑わいます。


そんな西山公園で、「豊田の秋バラでオリジナル壁掛け作り♪」のプログラムが開催されました。

案内人はプリザFairy keiの上野恵子さん。
豊田市内でプリザーブドフラワーを使ったインテリアの制作や、講座の開催などをされています。
 

場所は西山公園の管理棟にある展示室という部屋。窓の外には公園の緑が見える気持ちの良い空間です。


まずはじめに、西山公園の職員である森田さんのお話を聞きます。

森田さんはバラをはじめとする西山公園の様々な植物のお世話をしています。
公園のこと、バラを育てる難しさなどをお話ししていただきました。
ちなみに毎年5月がバラの一番の見頃とのこと。
そのときにまた是非遊びに来て下さいねと笑顔でお話しされていました。


いよいよ制作スタート!
今回は、プリザーブドフラワーを使って壁掛けを作ります。

まずは今回の主役となるバラを一輪選びます。

この花材は、豊田市産の秋バラを、数年保存できるように上野さんが加工を施したもの。
プリザーブド用に栽培された花ではないので、花びらの形が自然で味わいがあります。

次に、つぼんだ状態のバラの花びらを開いていきます。

丁寧に一枚ずつグルーガンで止めていく作業に、みなさん真剣そのものの表情。

どこまで開くと美しく見えるのか、何度も確認しながらの地道な作業です。

バラをフレームの中に固定したら、他の材料をあしらって形を作っていきます。

様々な色に染まった花や葉、可愛らしい木の実やリボンなど、
色あざやかな材料の数々は見ているだけで気持ちが上がってきます!

ワイヤーを使って材料を加工する方法など、専門的な技術も教えていただきました。

「なんだかしっくり来ない・・・」という作品も、
上野さんのアドバイスでメリハリをつけると、より美しく仕上がりました!

完成品には全員大満足!

写真を撮ったり、「飾る用のイーゼルを買って帰ろうかしら」なんて声も。

お花が好きという共通の趣味があった皆さんは、制作中も終始楽しそうにお話を楽しんでいました。
これをきっかけに、豊田でお花を楽しむ輪が広がっていったら素敵ですね!