【開催レポート】鹿の毛皮を自分でなめそう! in足助

◎プログラム:鹿の毛皮を自分でなめそう! in足助
◎案内人:竹尾博史 さん・河合理記 さん

昨今、山里にイノシシやシカなどが畑を荒らすことが増えてきました。
そんな動物を駆除してお肉などは加工やジビエ料理として食べられる機会は増えてきましたが、
残った毛皮の大半は燃やして処分していたそうです。
この毛皮をどうにかできないかということで
今回、豊田の山里ならではの面白いプログラムが開催されました。

手触りがとても良いです

ミョウバン処理をした毛皮はパリパリにはならず、柔らかくで手触りのいい毛皮になります。

お好きな毛皮を選びます♪

洗う時に飛び散るので、頭から足先まで重装備で挑みます!

洗剤をよくなじませて汚れを落とします
業務用の高圧洗浄機でスピーディーに汚れを落とします

良く洗い流した後は、なめし剤(塩とミョウバン)を調合します!

塩とミョウバンをよく混ぜます。鹿だけにシッカリと混ぜてね!と名言頂きました♪

余分な水分を出しながら柔らかい生地にしていきます


素手でやると思った以上に皮がツルッツルな感じです。
細部までやります

調剤をぬり終わったら、馴染むまで1週間ほど置いて、次回日程を決めてなめしていきます。
参加者さんたちに皮の利用方法を聞いたところ、インテリアに使おうかな?とおっしゃってました。
シカのツノの小物などオシャレですので、紅葉を見に来る途中にぜひ寄ってくださいね〜

鹿のツノでできたシャンデリア。素敵ですね♪
インテリアとしてお部屋に飾っても♪
男の人にも気軽につけられそうなアクセサリーがいっぱい♪