【開催レポート】明日からのコミュニケーションが変わる「澄まし処(すましか)」2days

2018年11月17日(土)〜18日(日)
◎プログラム:明日からのコミュニケーションが変わる「澄まし処(すましか)」2days

◎案内人:農家民宿ちんちゃん亭、吉橋久美子さん

 

みなさんは「澄まし処」を知っていますか?

15分間相手の話に耳を傾け、

15分間自分の話を聴いてもらう。

 

元々はカウンセリングトレーニングだったこの「澄まし処」。

案内人の吉橋さんは、5年前からこの「澄まし処」をはじめ、

今回が136回目の開催です。

会場・農家民宿ちんちゃん亭

今回のプログラムは、1泊2日。

ひとりひとりのお話しを聴くのは15分ですが、

時間をかけてじっくりと参加者との距離を縮めます。

《スケジュール》

●11月17日(土) 
10時~自己紹介など 
10時半~録音・テープ起こし 
12時~昼食 
13時~テープ起こし・レビュー 
19時~夕食 
20時〜レビュー 

●11月18日(日) 
8時〜朝食 
9時~レビュー 
12時~昼食 
13時~レビュー 
15時〜終わりのご挨拶 
16時〜終了・解散 

 

このプログラムには、約束事があります。

「絶対に、話を外に漏らさない事」。

 

参加者は、

普段から心に思っていることや

誰かに打ち明けたいこと

心のモヤモヤなんかを、

15分で相手に伝えます。

 

それを、聞き手ひとりが一切口を挟まずに

ただ、聴いて

それをテープに起こして

一言一言

みんなで読み解きます。

正直、今回取材するまでわたしは「澄まし処」の概要が

全くわかっていませんでした。

 

しかし、

 

2日目の午後に取材に行ったとき

みなさんがとても打ち解けていて、

「大切な話をしてくれてありがとう」

という

とてもいい顔をしていました。

 

わたしに話をしてくれて

わたしの話を聴いてくれて

ありがとう。

 

普段、

時間に追われていたり、他事を考えていたり、反論をしたり、

話を先に進めようと相手の話しに口を挟んでしまっていませんか。

 

話し手はもちろん、思いを言葉にするときには満足感が得られます。

しかし、聴き手がまっすぐに相手の話しを聴く事によって、

話し手自身も思ってもみない本音が溢れ出てくるんです。

 

それは本当に、

相手の心に寄り添って

同じ位置に立つ事ができ、

お互いに「ありがとう」という満足感で話をすることができるんだと

なんとも言えない濃密な時間を共有させていただきました。

今回のプログラム会場である農家民宿ちんちゃん亭では、

「実家のような居心地のよい民宿」を目指しており、

気のおけないゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

今回の「澄まし処」ほか、様々なイベントも開催していますので、

気になった方はぜひ、ちんちゃん亭facebookページをチェックしてみてくださいね。