【開催レポート】親子で心と身体に優しい時間を♪ Mayple May のミニランチ付き 豊田の守綱寺で絵本とわらべうたを楽しもう!

2018年10月30日(火)
◎プログラム:豊田の守綱寺で絵本とわらべうたを楽しもう!
◎案内人:
【守綱寺絵本読み聞かせの会 守綱寺(しゅこうじ)若坊守】 渡辺陽子
【守綱寺絵本読み聞かせ会 ハチドリの木】 根本智美
MapleMay】 小野聡美


豊田の名刹「守綱寺」で開催されました。
市指定重要文化財や日本庭園もありながら、小さいお子さん連れのママ達に人気のお寺です。その秘密は絵本の読み聞かせ会があるからです。

左:根本さん 中央:渡辺さん 右:小野さん

守綱寺の渡辺陽子さんから 自己紹介。
高1の長男が2歳の時に、「若い方たちにもお寺に足を運んでもらいたい」と、お寺の本堂を開放して、月2回の「守綱寺 絵本読み聞かせの会」をスタート。
毎月第2第4火曜日には、親子向けの読み聞かせ会を2005年から開催しています。
0才~園に入る前のお子さんが楽しめる場となっています。
そして時には、とれたて野菜や美味しいスイーツが買える朝市が開かれることもあります。

 

三人の子どもを育てながら、お寺を会場に育児サークルを主催したり、諸々のイベントを企画したりしています。
子どもたちの笑顔に溢れ、笑い声の響くお寺&地域の方や、若い方達にも開かれたお寺を目指して、日々楽しみながら活動しています。

まずは
お寺なので、仏様に手を合わせることからはじまりました。

そして「絵本の読み聞かせ」です。

『だるまさん と』 親子で一緒に見入ります。

『ごんきつねコンチのにわそうじ』
紙芝居が始まると
子どもは前に集まりました。

『だめよ デイビット』

ちょっと 叱られてる口調で お子さんたちはドキドキしてるかも・・・?

 

「さとちんのわらべうた」が始まりました。
さとちんこと 根本さんは小2の長女が生まれる頃にわらべうたと出会い、当時住んでいた静岡や安城でわらべうたの会に参加するうち、その魅力にはまりました。
現在、毎月2回市木と四郷にて『さとちんのわらべうたあそび』の会を開いており、豊田の0才からの子どもたちに古くて新しいわらべうたを広めようと『ハチドリの木』というグループを主宰し交流館などでも活動しています。

わらべうたとは、日本人が暮らしの中から生み出した、和風のリトミックのようなもの。
小さいお子さんでも覚えやすい短い歌を繰り返しながら、シフォン布やお手玉、時には大きな布を使って、リズムに合わせて遊びます。普段より多めに、季節に合ったわらべうたを教えてくれました。

最初は
『とっとけっこ~夜が明けた』

ママたちもリズムにあわせてカラダを揺らし、楽しそうです。

♪ととけっこーよがあけた
♪まめでぽーおきてきな

『一本ばしこちょこちょ』

♪いっぽんばし こちょこちょ
♪たたいて ちねぇって
♪かいだん のぼって・・・・・
♪こちょこちょ

子どもの体や腕や 自由に 階段をのぼって こちょこちょ~~

『うまはとしとし』

♪うまはとしとしないてもつよい
♪うまはつよいから のりてさん(子どもの名前)もつよい

『オフネハ ギッチラコ』
♪オフネハギッチラコ ギッチラコ ギッチラコ
♪センソウや マンソウ~

定番のわらべうたが続き、みんな立ち上がって円になって、『どんどんばし』

布で覆われたら交代です。
体を動かしてみんな楽しそうです。

少し大きな子は 布持つ係もやりたがっていました。

♪どんどばし わたれ さぁわたれ
♪こんこがでるぞ さぁわたれ~

興味深くこどもたちも寄ってきます。

親のひざなどに乗って 馬のように揺れます。そして最後は・・・・!

ちっちゃなお子さんは抱っこしながらぎっちらこ

 向かい合わせになれる子は 親と手をつないで ボートを漕ぐように 引っ張り合います そして・・!

落ち着いたら円になって座り
『ぺったらぺたら』
歌に合わせてお隣のひとと手を合わせます。

♪ぺったら ぺったら もちつけ もちつけ もちつけ た
♪かみだなへ (ことしもおこめがとれますように お願いします。)
♪とだなへ となりのねずみが ひいてっ た
♪おとなりへ となりのひとへ おすそわけ

次にお手玉を回しながら
『かとうきよまさ さん~』
♪かとうきよまさ おんまにのって ホイ
♪あとから けらいが おんまにのって ホイ
♪またまたけらいが おんまにのって ホイ

『ぎっちょぎっちょ』

♪ぎっちょ ぎっちょ こめつけこめつけ

さぁ いよいよ終わりの歌です。
『かえるがなくからかえろ』

♪かえるがなくくからかーえろ
♪おたまがいるから いーじゃんか

『さよならあんころもち』

♪さよなら あんころもち またきなこ

円になって行うと不思議と一体感があって、知らない同士でも自然にお友達になれる気がします。

楽譜をもらい わらべうたは終了。

最後はまた仏様に手を合わせて終わります。

身体をしっかり動かしたあとは、お寺の本堂や広い縁側でお庭を眺めながら、ランチタイムです。


街なかの素敵なカフェ「MapleMay」の小野さんがつくる、特製の、動物性・上白糖フリーの身体に優しい手作りミニランチをいただきました。
しかもお店で扱っているフェアトレードのお茶付きです!

小野さんは、自然の恵みでココロを満たす採れたて野菜のベジランチとナチュラルスイーツのお店を開いています。
毎月第4火曜日に守綱寺さんにて開かれるgreen maman の朝市にもたびたび出店。
今回は第5火曜日ですが、特別にランチをいただけました。

そして、みなさん思い思いに好きな場所で、ランチを楽しみました。

ちょっとだけ、新鮮野菜の朝市もありましたよ。

参加者の方からは
●お寺に行くきっかけになった。
●みなさんで楽しめて良かった。
●わらべうたは初めて聴いた。
●こどもがのびのびとして楽しそうだった。
●他の子どもとふれあえて良かった。
●体を動かすわらべうたは子どもが楽しそうでした。
●これからの参考になった。
●久しぶりにお寺に来て心が落ち着いた。
●お寺で手を合わすのも良かった。

など お寺ならでは感想もいただき、みなさん楽しめた様子でした。

  

ライター

AKchanmilke
AKchanmilkeグラフィックデザイナー/子育て支援
とよたまちさとミライ塾 市民レポーター
プロモ部所属。子ども好きなグラフィックデザイナー。
趣味は 水泳、写真撮影、フィットネス、カラオケ、音楽・美術鑑賞。

とよた子育て支援総合WEBサイト“わいわい” を運営。
ttp://toyotawaiwai.net/
子どものためになにができるだろうか~?~先輩ママから後輩ママへ
豊田が子育てにやさしいまちになるようつなぐ活動をしています。