【開催レポート】開通前の道路現場見学会&記念の落書き大会

2017年11月19日(日)
◎プログラム:開通前の道路現場見学会&記念の落書き大会
◎案内人:豊田市役所 街路課 花田潤治さん

プログラムの開催地となったのは
豊田市と知立市を結ぶ「花園八橋線」という道路。
まだ工事中の道路に落書きしちゃおう!という
普段は体験できないプログラムが開催されました。

オープニングセレモニー

まずはオープニングセレモニーでこの現場の工事に関わっている
方々のご紹介がありました。

●株式会社海老澤建設様
●斎藤組建設株式会社様
●ヤハギ道路株式会社様

私たちが当たり前のように道路を使えるのは
多くの企業のご協力があってこそなんですよね。
猛暑の中、雨風の中、極寒の中でも作業されるみなさんに
心から感謝です。

最後は、この地域から栄えたという「とよたのお茶の歴史」
について、髙香園さんからお話がありました。

髙香園 園主の野場さん


1800年初期に花園町で茶園をつくられたところから
豊田のお茶の歴史は始まったといわれています。

以降、約200年続く「とよたのお茶」は
県内でも有数の茶どころとなり、
各品評会で高い功績をおさめているのです。
 
 
 

いよいよ落書きタイム!

それぞれにチョークが手渡されると
子どもも大人も思い思いに絵を書きました。

この日はとっても寒かったね!


とっても楽しそう!


市民に認識されいるマークなんですね!


この日は60名の方にお集まりいただきました


 
 
 

はたらく車コーナー

落書き会場の横には工事現場で使用される
重機が展示してありました。


子どもたちは目を輝かせて運転席へ☆

ショベルカー


僕も操縦するんだ!


ロードローラーもかっこいい!

 
 
 

完成間近の橋を歩いてみよう!

逢妻男川をまたぐ完成間近の「下井場取橋」
こちらも特別に歩かせていただきました。


 
 
 

ドローン登場!

いよいよプログラムのクライマックス。
ドローンで上空から記念写真を撮影します。

かっこいいドローン!

ドローンが撮影している風景を画面に映し出していただきました

ドローンが空を飛ぶと
みなさんが空を見上げて手を振ります。


そして最後にドローンが撮影した写真がこちら!

豊田市役所 街路課さんからご提供いただきました


参加者さんからは
「普段は入れないところに行けてよかった!」
「子どもが道路に絵を描くのが楽しかったと喜んでいてよかった」
「大人も子どもも楽しめた!」
などの声があがりました。

お菓子の詰め合わせやお抹茶の焼き菓子もお土産にいただき
大満足のプログラムでした!