【開催レポート】スパイス屋さんに教わるチャイ作りと本格ネパールカレーランチ

2018年10月23日(火)
◎プログラム: スパイス屋さんに教わるチャイ作りと本格ネパールカレーランチ
◎案内人:カントリーレストラン渓流荘 後藤洋介さん・智子さん /ニランジャンのネパールキッチン 逸見まさえさん


旭地区の豊かな自然を満喫しながら、エキゾチックな食文化を楽しむ!
そんなユニークなコラボが興味をそそるプログラムが開催されました。

開催場所は、旭の山奥にある「カントリーレストラン渓流荘」。
小渡→旭高原元気村→矢作ダムを抜け、途中、細い山道に入りこんな所に本当にあるのかと時折、不安になりながらも到着!!
車から降りると周りには、豊かな自然があり川の音が聞こえてきました。

参加者が全員揃ったら、チャイ作りの始まりです。
先ずは、スパイスの説明!!
教えてくださったのは、旭地区でスパイス屋を営んでいる「ニランジャンのネパールキッチン」の逸見さん。

それぞれのスパイスの特性について教えていただきました。

そのお話を踏まえた上で、実際にスパイスを使ってチャイを作ってみます!
鍋に、水を入れて火を付けCTC茶葉とスパイスを全部入れ、3分くらい煮ます。

牛乳を入れて吹きこぼさないようにスプーンでかき混ぜ20分ぐらい煮る。
最後に、砂糖を入れて色が濃くなれば完成です!!

手作りチャイの試飲の後は、それぞれ好きなスパイスブレンドチャイを詰め合わせて
お土産を作りました。

そして、楽しみにしていたランチの時間です。
渓流荘特性の、猪肉が入ったスパイスカレー!!
思ってたよりも辛くなく、食べやすくとても美味しかったです。

最後に皆で集合写真!!

(お土産にカラフーミとスパイスを買って帰りました。)

ライター

まっちゃん
とよたまちさとミライ塾 市民レポーター