【開催レポート】猪鹿ジビエでフレンチ料理教室!in足助 お肉土産付き

2018年10月28日(日)
◎プログラム: 猪鹿ジビエでフレンチ料理教室!in足助 お肉土産付き
◎案内人:
レクラ・ド・リール オーナーシェフ 近藤 招宏さん
猪鹿工房山恵 河合 広美さん
三州しし森社中 竹尾 博史さん

国道153号線、新盛の交差点を入ってすぐ、新盛集会所「扶桑館」にて「 猪鹿ジビエでフレンチ料理教室!in足助 お肉土産付き」が開催されました。

同じ敷地内に猪鹿工房山恵、三州しし森社中の工房もある素敵なところです。

案内人の河合さん、近藤さん、竹尾さん

まずは猪鹿工房山恵の見学。ちょうど朝イノシシが入ったそうで、解体作業を見学できました。
写真には載せられませんが、お腹を開いた後の内臓の説明など、丁寧にしていただきました。

なかなかない体験に参加者の皆さんも興味津々。

解体施設では鹿の解体作業中。丁寧に切り分けていました。

続いてレクラ・ド・リール近藤シェフによる料理実演講習。目の前で調理しながら料理のコツなどを丁寧に説明していただきました。ジビエ、フレンチと聞くと敷居が高そうなイメージがありますが、家庭でもできる内容でした。

調理より、材料の肉を仕入れるのが大変かもです。

調理の仕方を教わった後は、ショートコース実食。 先ほど習った前菜とメインも含めた料理に皆さん舌鼓。

前菜=猪肉のアッシェパルマンティエ
メイン=鹿肉のパピヨット季節の焼野菜添え
デザート=シェフ特製ホームメイドデザート
スープ+パン
コーヒーor紅茶。

鹿肉のパピヨット季節の焼野菜添え

猪肉のアッシェパルマンティエ

 

おしゃれな鹿ツノのシャンデリア

食べ終わった後もしし森社中の竹尾さんや、近藤シェフと談笑しながら過ごしました。
レシピも教えてもらいつつ、美味しい食事をいただける大満足なプログラムでした。