【開催レポート】これなんだ!?豊田のジビエを食べて当てよう♪

2018年11月3日(土)
◎プログラム: これなんだ!?豊田のジビエを食べて当てよう♪
◎案内人:山里カフェMuiオーナー&ハンター 清水 潤子さん

豊田市山間部、北小田町にある「山里カフェMui」にて、
「イノシシ・鹿だけじゃない!!これなんだ!?豊田のジビエを食べて当てよう♪」
のプログラムが開催されました。

山里カフェMuiは、近年、田んぼや畑を荒らして「有害」とされるイノシシなどを、駆除するだけでなく、命を無駄にしないように猟師飯として活用していきたいをコンセプトに2017年12月にオープンしました。
カフェのオーナーである清水潤子さんは、自らがハンターでもあります。

バンビやうりぼうの剥製がお出迎え

清水さんは2018年9月にクラウドファンディングで「豊田市の鳥獣被害を減らし、捕獲した後しっかりいただくために。」というプロジェクトを達成させ、
10月にあいち・ウーマノミクス推進事業「輝く女性 ソーシャルビジネスプランコンテストあいち2018」では、愛知県知事賞を受賞されました。

命を大切にしながら山里の獣害問題を解決していこう!という先進的な取り組みをしています。


参加者の皆様が集まり、お肉が並べられました。

アライグマ、カラス、イノシシ、シカ、カルガモ の5種類のお肉で、どれがどのお肉かは秘密です。食べて、答えを記入し、正解者には正解数に応じてプレゼントがもらえる!ということで、皆さん食べながら一生懸命予想されていました。食べたことの無い肉は難しそうでした。

 

現在建設中の解体所も見学させていただきました


お昼ご飯はイノシシカレーでした♪
猪肉の唐揚げがのっていました!
イノシシのモモ肉のグリルも登場!
イノシシのお肉はとってもジューシー!それなのに脂っこくなく、とても美味しかったです!

昼食後にお茶やコーヒーをいただきながら、答え合わせタイムでした。
全問正解者は1名!!おめでとうございました。食べたことのない肉もあり、なかなかの難問だと思いましたが、お見事でした!

今回のプログラムは申し込み開始日から満員御礼の大人気!プラチナチケットでした。

今回惜しくも申し込めなかった方も、山里カフェMuiのホームページに営業カレンダーがありますので、ぜひ都合の良い日にランチを予約して足を運んでみてはいかがでしょうか?

素敵なジビエ料理と出会えること間違いなしです!!!
そして、是非とも豊田の山里を堪能して下さい♪