【開催レポート】野菜&カレーライス作りで食育・食農体験!

2018年11月3日(土)
◎プログラム: 野菜&カレーライス作りで食育・食農体験!
◎案内人:NPO法人 Earth as Mother さん/NPO法人 Earth as Mother 農事事業部  山田宴誠(よっしー) さん

私たちの体を作るために欠かせない野菜たち。
せっかくなら無農薬で美味しいものを食べたいですよね。
アースアズマザーでは完全無農薬の野菜やお米を、
猿投棒の手会館第3駐車場に広がる畑にて育てています。

 

そんな丹精込めて育った栄養満点の野菜を使ったプログラム
「野菜&カレーライス作りで食育・食農体験!」が開催されました!

 

まずはカレーに入れる野菜の効能をご紹介。
普段どんな効果があるかあまり気にせず食べてますが、
野菜本来が持つ力を知ることで、自分に何が必要か見えてきます。

 

中でもこのさつまいもみたいな赤いジャガイモは
栄養満点で、生で食べるとりんごのような甘さがほんのり広がりました。
サラダで食べても美味しいですね!

 

グループに分かれてジャガイモ、玉ねぎ、人参を、カットしていきます。
子どもたちも率先してお手伝い!
野菜を切るたびにだんだん上手になって会場は盛り上がりました。

 

カットの合間に昔ながらの足踏み脱穀機で
お兄さんと一緒に脱穀のお手伝いもしました。

 

今回使った菜種油は、圧搾でゆっくり絞ったもの。
酸化しにくい油は、おかなの調を良くするんですよ♪

 

「おいしくなぁれ」と魔法の呪文を唱えがら、にんにくと生姜を
炒めていきます。
さらに、地球の自転に沿って右回りでかき混ぜるとおいしくなるとのこと!

にんにくと生姜の香りが漂ってきて、食欲を刺激ます。

 

収穫したトマトをピューレ状にしたものを入れて煮込んでいきます。
トマトがダシの代わりになって旨みとコクが出ます。

煮込んでる間に、アースアズマザーさんの活動をご紹介。

 

未来の子供たちが安全で安心して食せるおいしい作物づくりを中心とした、
真農業の推進と地球環境にやさしいコミュニティを創ることを目標に、
畑は土作りから行い、無農薬栽培で野菜を育て、さらに地球環境の改善を目指しています。

食べることは生きること、そしてその恵みを与えてくれる
自然や地球に、私たちは何ができるのか考えさせられますね。

 

焚き火で煮込んでいたカレーが出来上がりました!
お米はアースアズさんがが萎え作りからした玄米。
体を温める効能があります。

 

出来上がったカレーは野菜の甘みが引き立つ満足のお味
じゃがいもの口溶けがよく、サラダ野菜の瑞々しい食感がアクセントになりました!

 

ぼくはやわらかくした野菜を食べたよ♪

つぶした野菜のみでも十分美味しいみたです!

午後からは
玉ねぎの植え付け体験をして、食育&食農体験をしました!
自然をいただき、自然に触れ、学びの多い1日となりました。